ドラ麻雀での出金の解説。ⅵ

コンビで協力して天和を積み込むコンビ技の最高峰。
マジで間抜けだわ。

こんなマジックショーのようなものじゃない!!と憤慨します。

とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。

麻雀娯楽にて連載中の「天牌」を崇拝しているため、
「天牌」の感想・名言を解説します。

ここで、河関係なく捨てるなら・・・九萬かな。

ラッキーww
下家はトップ目で俺はラス目だったのに

發はポンするのは当然として聴牌を
取るかどうか?が問題です。

雀荘に比べて場代が安いです。
けど、人頭から壁にぶつかってる。
ここで、崩す入星祥吾。

まあ・・・渡れず先制リーチされ、降りましたがwww
面倒だしカンかな笑

確かに警戒されるところですが、
リーチ。

→天牌1巻1話 名言・感想
もし、いるなら今日はタイミング良い日かも汗
それとも・・・
待ちは123の3種類。

ホンイツ、チンイツが見える。

そしたらリーチ。

で、4sを押しましたww
と7種24牌。

思い打ってると・・・

つまりは和了りだった訳ですね。

オーラス。

河によっては⑥ピン切りで聴牌崩しっていう選択肢もありますけどね。

分からない事だらけなんです。
けど、トップ目だしわざわざ大三元仕掛けに押す必要も無いか。

これは他にもご祝儀(チップ)というルールがあります。
DORA麻雀にて・・・流石にリーチできない。

で、結局569筒待ちに取るのが普通かな?
この手は中をポンしたから聴牌にはなる訳ですが、

染めないなら打③ピンか打「東」。

麻雀強え奴に逆らったことは一度もねぇ

だから東のポンテン。

例えドラ持ってて、混一色ついてて、倍満が見えてても・・・

字牌待ち。

けど、つけたら最大でだけど
まあ・・・どっちも引かなかったんですけどねo(´д`)oァーゥー

こういうのは・・・チートイを見つつ??続き

初め、2着1着と続き・・・

北ドラって扱いが難しいなと思う。

このツモをもらって満貫って悲しいwww

いいところの食事代金な一回分な訳です。

黒沢義明は言葉をキッカケに全貌を公開し出します。

だから・・・う~~ん。

これも有りといえば有り。

点数条件・・
前巡に⑦ピン切られたばっかですしね^^;
ただ「ツモ」と略される場合が多い

そして、③ピンではなく⑥ピンの理由は

と考えるのが普通なのか。

結局6s切って、
何と言ってもメリットは紹介する「イッパツ(一発)」などによって

残したほうで面子ができるのも同じことなんだよ。

こういうの難しい。

数年前までは「東風荘」だったと思うんですけどね。
雀荘などと比べると、

おすすめ記事

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中