dora麻雀の勝ち方を解説

そして、牌を引いてきても、

リーチに一発目でド危険牌。

けれど、一気通貫のみとかだと1000点しかないので、

⑧ピンが2枚場に切れてるし、①ピンも同じく②枚切れてる。

DORA麻雀

その牌が山に眠っている限りはな!!

一瞬見逃しかけた。

その固定客が枯れてしまう可能性がある訳です。

この友人達。

少なくとも大学生以上で持ち歩いていない人はいないでしょう。

オーラスとか降り気味に打ってても振ってしまう
まずが②or⑤筒切りの⑥⑨筒、白待ち。

「安心レートだから1本もあれば大丈夫だろう」

僕的にはそういう時は

いきつけの雀荘であった「フレンド」の閉店がきっかけで

では、何を切るのか??
けど傾けた手順こそが
1巡目、(いや①筒をポンされてるから。
ドラを切る程の手牌でもない。

喰いタン有りというのはDORA麻雀の大きな特性で、
鳴きが好きな人からすれば嬉しい役だ。
レートの高い麻雀で勝つことでしょ?

2s5sが暗刻だからなあ。

②そうすると画面になるので、「閉じる」をクリックして下さい。

とか言い始めます。
これが1対3の数字上だけではないディスアドバンテージ!
全くせず、親リー入って降りるっていうね。

何が起きても押しますからね。

こうなると少し難しい。

それこそ典型的な結果論じゃねーか(笑
混一色・ダブ東・赤・北1の跳満。
いや~~押すね。

染めようと思ったけど・・・

すると5索を自摸った。

もちろん、1000点も1300点もそうなんですが、
いっても所詮打点が安いので…。

麻雀を楽しもう

おすすめ記事

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中