ドラ麻雀にネッテラーを解説6

聴牌牌は8索、9索だから
まあ、こんなん無理。

それ以外の時はタイムラグはありません。

「ツバメ返し」とは
ということで染め。

そこから2日で何とか苦労してプラマイ0まで戻しました。

ただでさえ不利な戦いにも関わらず、

とりあえず④筒は切れない。

ドラ麻雀の楽しみ方

暗槓(カン)は暗刻と同じ扱いになります
このリーチに対して黒沢義明さんは一発目に危険牌を勝負しますが、

3ピン切って、9ピン引いたら、リーチのみ。

とりあえず南家はピンズだろうから・・・①ピンを置いておくのは
感もある。

7sきて、4s切りで7s8p待ち

素直に雀士であることに誇りを持ちましょうwww

まあ・・・それを選んでしまった訳ですが。

だからこれはOK!!
まあ、8s切りかな?
どうするか?
ツモによっては染めなくても逆転な訳です。

面子手を普通に見るなら南とか??
正直和がれる気がしません。

捨て牌が6s6s5s8s九發西三リーチ
で、かかった訳です。

自分の愛する麻雀で、
2sが刻な分5s切りづらいんですよね~
和がられたら基本的に逆転される。

それとも、パチンコは回せば回すほど、

まあ、、和了ればトップだから点数は関係無いし。
自分が和了ろうと思うとどの手を狙うのか?を
食い縛って考えた結果、
これはCクラスメンチンですね。

はい、しかし、鳴けなかったこの状況で

これ和了ってもすぐ逆転されてしまいますからね。

まあ、こうなったら白落としかな。

まあ、ことはないですが、

だけどもだっけっど♪
確定していない三色なぞどうでもいいのです。

とか。

例えばこんなの。

単に二翻下げてるだけの打牌ですから。

けど・・・まあこれはしょうがない。

そして、朝になったら卓が割れるので朝に
路に着くわけです。

麻雀の発祥地の中国の麻雀では役はありません。
いや~頑張ろう!

おすすめ記事

広告
標準

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中